おりものシートと柿石鹸でおりものの臭いを抑えよう

女性特有の悩みはたくさんありますが、その中でも気になる悩みはおりものの臭いという方は多いと思います。

おりものに対して悩みがあっても、いくら同性でも家族や友人には相談しにくい悩みですよね。おりものに関しては、女性それぞれの体質や体調、ホルモンバランスが大きく関わっています。

元々おりものの量が多めでショーツが汚れやすかったり、体調不良でいつもよりも臭いの強いおりものが継続して出たり、生理前や排卵期のホルモンバランスの変化によって色、匂い、量も大きく変化するといったことがあります。

おりものは女性の身体、子宮、膣を細菌や感染から守るための分泌液です。ですので、おりものによっぽどの変化がない限りは病気ではありません。しかし、自然と分泌されるおりものを放置してしまい清潔さを保つことができないと臭い、感染の原因になってしまいます。

そういった悩みの対策として、だれでも簡単に取り組めることを紹介していきます。

おりものと清潔に付きあうために

悩みの女性

  • おりもの用ナプキン
  • 柿石鹸

おりもの用ナプキン

まずは、おりもの用ナプキンの活用です。生理中以外はナプキンを使用しないという方は多いと思いますが、おりもの用ナプキンは生理用ナプキンとは違います。生理用ナプキンよりも薄く、小さく、全くつけている感じのしないナプキンです。

おりものの臭いの原因の多くは、分泌したおりものがショーツに付着し、その付着したおりものが乾いて臭いを発します。そのままのショーツで過ごすと臭いが気になってしまうのは当たり前なのです。

ですから、おりものが気になる時にはおりもの用ナプキンを使用し、汚れたなと感じたらマメに交換することで臭いの多くは取り除くことができます。

もともと良い香りのついたタイプのおりもの用ナプキンも市販されているので、そちらを使用されるのも良いかもしれません。おりものは蒸れてしまうことでより臭いを強くしてしまいます。

柿石鹸

臭いのもとから絶ちたいという時には、柿石鹸が効果てきめんです。柿石鹸は、一つで除菌、消臭を行い臭いの気になるデリケートゾーンや、加齢臭を取り除いてくれる作用があります。おりものの臭いが気になる時には、柿石鹸を使って陰部を洗い流すことで臭いのもとから経つことができます。

ですが、臭いが気になるからと強くこすりすぎたり、陰部の中まで洗ってしまうのはNGです。おりものは女性の身体を守るためのものなので、身体に必要な分泌液や菌まで洗うことは免疫をなくしてしまうことになります。優しくゆっくりと洗い、清潔感を保つように心がけましょう。

SNSでもご購読できます。