臭いの原因はオリモノ?オリモノは悪い物なの?

女性は生殖器として卵巣や子宮、膣をもっています。そのためにオリモノが発生するのは仕方がありません。しかしわかってはいるけれど、オリモノの量が多い、しかも臭うということになったら、ちょっと困りますね。こんな発生源になるオリモノは悪い物なのでしょうか?ただの排泄物なのでしょうか。

膣には自浄作用がある

わたしたちの膣には自浄作用があります。陰部というのは、排泄する場所も近く必ずしも清潔とはいえないところです。しかしながら、膣や子宮にばい菌が入るということはあまりありませんね。それは膣には自浄作用があるからなのです。

おりものの図

実は膣にはデーデルライン桿菌という常在菌が存在し、その桿菌がばい菌が入らないように守ってくれているのです。

オリモノはもともと少しすっぱい臭いがする

オリモノは卵胞ホルモンの作用で分泌をされているのですが、下着に付着したオリモノはすっぱい臭いがしたことはないですか?これは先ほど言ったデーデルライン桿菌は乳酸系桿菌であり、乳酸系と言えば、ちょっと酸味がある臭いが特徴なのです。

この時の臭いは必ずしも不快な臭いではありません。しかし疲れやストレス、不規則な生活習慣となるとホルモンバランスも崩れてしまい、膣の中も少し環境が変わってしまいます。もしデーデルライン桿菌が少なくなり、ばい菌は増えると、それがオリモノに交じって、臭いが強くなることもあるのです。

臭いの原因はオリモノだけではない!

下着に付着するのがオリモノだけなので、臭いがするとその原因はオリモノだと結び付けてしまいがちです。しかし陰部の周りにはアポクリン腺という臭いのする汗を出す腺が存在するのです。

アポクリン腺の図

出典 http://www.m-beauty.jp/petit/b_wakiga.html

これは人により、多いか少ないかで臭いの度合いが違いますが、アポクリン腺の多い人は、臭いが強いということになります。特に下着を取って、空気に触れた時に臭うことが多いので、その臭いはオリモノからだ!と考えてしまうのですが、オリモノが全部悪いわけではありません。

オリモノの性状や量には気を付けて!

オリモノの量は生理周期によって異なります。生理前や排卵時は少し多くなります。しかしこれが臭いの増強と結びつくわけではありません。

オリモノの性状がこれまでと違う、また今までよりも臭いが濃いような気がするといった場合には、性病、または膣や子宮の感染という可能性も考えられるのです。そのためにオリモノはわたしたちの健康のバロメーターにもなっているので、注意深く観察をすることが大切です。

オリモノの匂い対策方法とデリケートゾーンの洗い方

女性ならではの悩みは多々ありますが、1番他人に相談できないことはオリモノの匂いではないでしょうか。生理中の生臭い独特なものや、生理2週間前程から増えるおりものが増える事で匂いがきつくなったりします。

oshh

しかし、きちんとしたケアをすれば、オリモノの匂いをなくすことができます

今回はオリモノの匂い対策方法についてご紹介します。

まず匂いの原因となっているものは雑菌です。デリケートゾーンは複雑な構造から汚れが溜まりやすく、おりものや経血など雑菌の栄養になるものが沢山あります。

また汗で蒸れやすい箇所でもあります。そのため雑菌が繁殖しやすく、匂いが強くなってしまいます。

オリモノの匂い対策方法

オリモノの匂いの原因が雑菌をいうことで、1番の対策は「清潔にする」ことです。

デリケートゾーンの洗い方

デリケートゾーンは皮膚が薄いので刺激に弱く箇所です。たっぷり石鹸を泡立てやさしく洗いましょう。

しかし、汚れが溜まりやすく残りやすい部分です。泡を付けただけでは落ちないので、指の腹を使って丁寧に汚れを落としましょう。

osho

膣内には自浄作用があるので石鹸で洗うと良い細菌まで殺してしまうのでお湯だけで十分です。

また最近はデリケートゾーン専用石鹸やクリームが販売されています。匂いはもちろん、角質ケアもしてくれて黒ずみ解消に役立ちます。

ただ前述したとおり、デリケートゾーンは刺激を受けやすいので、人によっては赤くなったりかぶれたりと問題が起きる場合もあります。そのため刺激が少なく無添加であり効果もあるものを使用しなければなりません。購入の際は慎重に選ぶようにしましょう。

また、最近では膣内洗浄剤によるオリモノの匂いケアが主流のようです。こちらのサイトに詳しく紹介されていますので参考にしてみてください。

参考 オリモノの臭いにバイバイ!臭いの悩み解消ナビ

アンダーヘアのお手入れ

アンダーヘアのお手入れはしているでしょうか。最近はお手入れすることが一般的になってきましたが、アンダーヘアが匂いの原因になっている場合もあります。

とにかく蒸れやすいデリケートゾーンなので短めにしておいた方が解消されやすくなります。

下着の選び方も重要です。ナイロンやポリエステル生地の下着は通気性が悪いので避けましょう。

通気性の高い下着は蒸れを少なくしてくれるので雑菌の繁殖を抑えてくれます。また密着度の高いデニムなども蒸れる原因になるので気を付けましょう。

 

外出時のデリケートゾーンのケア

洗浄トイレやビデがない場合もあります。しかし汗をかいて匂いがこもっていてケアしたい時におすすめなのは

デリケートゾーン専用ウエットティッシュです。様々なメーカーが販売しているので試してみてはいかがでしょうか。

このように、こまめに丁寧なケアをするとデリケートゾーンの匂いはなくなっていきます。ぜひこの方法を試してみて悩みを解消させてください。

オリモノとデリケートゾーンの臭いが混ざるキツイ臭い

夏場、暑くなってくると体臭や汗に悩まされる方も多いことでしょう。中でもデリケートゾーンの臭いについては脇とは違いスプレーをしたり、こまめに拭いたりすることができる部位ではないため、臭い対策に悩まれている方多いのではないでしょうか。

そもそも、臭いの原因となるのは、おりもの自体の臭いおりものや尿などに菌が繁殖した臭い、デリケートゾーンの汗の臭い、これらが全て混ざって起こると考えられます。

蒸れないためのデリケートゾーンのお手入れ

ihdoi

このデリケートゾーンの臭いをできるだけ最小限に抑えるべく対策をご紹介致します。はじめに、蒸れない環境作りが大切です。

誰にでも簡単にできることではないですが、VゾーンやIゾーンの脱毛を行い、毛を無くすもしくは薄く少なくする事で、蒸れを解消します。特に月経中、排卵期の蒸れが原因とされる臭いかなり減ることでしょう。

 

おりものシートの使い方

続いて、おりものシートです。おりものシートやナプキンの長時間使用は臭いの素です。ずっとつけていることで蒸れてしまうため、菌の増殖を助長させると考えられます。

ondh

常時おりものシートをご使用される方、月経中の生理用ナプキンの使用時には必ずこまめに変えることをオススメします。特に月経の場合、最初の1日から3日は量が多くこまめにナプキンの交換をされると思いますが、4日目以降に少なくなることから交換頻度が下がると思います。

量が少なくても、少しでも出血があればこまめに交換をしましょう。ちょっとでも出血のついたナプキンの長時間使用は臭いの素です。おりものシートですが、こちらについても長時間使用はオススメできません。いくら汚れが少なくても、目では確認できない尿や、汗を吸収して臭いを発します。

交換頻度は人それぞれかと思いますが、まずは自分のことを知るため面倒ではありますがどのくらいで臭いが気になり始めるか確認されてはいかがでしょうか。おおよその目安がわかれば、それよりも早めにシート交換を行うことで臭いを気にすることなく過ごせるはずです。次に、臭いがきついとされる月経中にタンポンを使用するというのも一つの手です。

横漏れ防止とともに臭いもかなり減ることでしょう。とはいえ、毎回というのは抵抗ある方もいると思うので、この日だけは臭いを気にしたくないと思う時にご使用されるのがよいと思います。

最後に、デリケートゾーンの臭いというのは嫌なものでもありますが、病院を知らせてくれる大事なサインの一つでもあります。なので、香水などで誤魔化さず日頃から自分の臭いの周期を知って、それにあった対策をしてみてください。

オリモノの原因と注意点と対策グッズの紹介

オリモノの原因で代表的なものは「ストレス」「オリモノの異常」「自浄作用の低減」といったものが挙げられます。

ストレスを感じる女性

→ ストレス

仕事がハードだったり睡眠不足だとストレスが溜まりやすくなります。すると口臭・疲れ気味・頭が重い・イライラするなどといった状況に陥りがちとなり、その上、ストレスが原因で、アソコ(陰部)が臭くなることもあるそうです。

オリモノの異常

オリモノの状況により、体調が良好か、不良なのかを見識可能です。オリモノが正常な場合は、色は透明(半透明)で、ちょっと異臭がし、酸っぱい臭いがします。このような状況であれば、臭いを不快に感じることもなく、殆ど心配無用です。

けれど、ストレスを溜め込むと、次にあるようなオリモノの異常がみられます。

● オリモノの量が増加する

オリモノが魚臭い・イカ臭い・チーズ臭いというような悪臭を放ちだす。

その他は、スソワキガやカンジタが原因でオリモノが臭くなるケースもあります。そういった場合は、すぐに専門の病院に行きお医者さんに相談をするようにしましょう。

● 自浄作用の低減

膣内に雑菌が増えた場合もオリモノは臭くなります。

ヘルシーなボディであれば、膣の自浄作用により、臭いの原因となるバイ菌が増加することはありません。けれど、ストレスを溜め過ぎると、身体の感染防御力がダウンして自浄作用が低減します。

なので、元々バイ菌は増加しませんが、自浄作用が低レベルになってしまうと、バイ菌が膣内に侵入し、イカ臭い・魚臭い・チーズ臭いといった悪臭が発生してしまうのです。

オリモノの臭い注意点まとめ

  • おりものの状態が普通かどうかを小マメにチェックしましょう。
  • 日々心体のコンディションをよく振り返ってみましょう。
  • おりものの色と臭いの変化に敏感になりましょう。
  • 症状が悪い場合は感染症の疑いがあるので、ただちにドクターの診療を受けましょう。

オリモノの臭い対策グッズの情報まとめ

インクリア

インクリア

現在、全国およそ1千店舗の薬局で販売されており、2014年の1月から6ヶ月で7千個以上の販売成績があります。メディシンや洗料ではなく、乳酸菌が調合され含有されているソフトなジェルを膣内に取り込み、膣内環境を清めることを支援します。またこれを使用すると下着の汚れが目立たなくなるそうです。

シークレットレディ ジャムウソープ

シークレットレディ ジャムウソープ

これ1つで5役こなしてしまいます、女性向けののオールインワン!デリケートゾーン専用ソープです。きめ細かな濃密泡でソフトに丁寧にお肌をお手入れできます。肌にとってもソフトなのでデリケートゾーン・ワキ・脚など臭いや黒ずみが気がかりな部位、オールボディのあちこち使用できます。

ジャムウプレミアムソープ

ジャムウプレミアムソープ

ジャムウプレミアムソープはジャムウハーブで作られた全くニュータイプの女性専用ソープです。女性の繊細な部位(乳首、乳輪、脇の下、Vライン、デリケートゾーン)といった気がかりな部位に泡を3分つけて泡パックしてから気がかりだった黒ずみや臭いのもとを根こそぎジャムウが綺麗サッパリと洗浄します。

おりものシートと柿石鹸でおりものの臭いを抑えよう

女性特有の悩みはたくさんありますが、その中でも気になる悩みはおりものの臭いという方は多いと思います。

おりものに対して悩みがあっても、いくら同性でも家族や友人には相談しにくい悩みですよね。おりものに関しては、女性それぞれの体質や体調、ホルモンバランスが大きく関わっています。

元々おりものの量が多めでショーツが汚れやすかったり、体調不良でいつもよりも臭いの強いおりものが継続して出たり、生理前や排卵期のホルモンバランスの変化によって色、匂い、量も大きく変化するといったことがあります。

おりものは女性の身体、子宮、膣を細菌や感染から守るための分泌液です。ですので、おりものによっぽどの変化がない限りは病気ではありません。しかし、自然と分泌されるおりものを放置してしまい清潔さを保つことができないと臭い、感染の原因になってしまいます。

そういった悩みの対策として、だれでも簡単に取り組めることを紹介していきます。

おりものと清潔に付きあうために

悩みの女性

  • おりもの用ナプキン
  • 柿石鹸

おりもの用ナプキン

まずは、おりもの用ナプキンの活用です。生理中以外はナプキンを使用しないという方は多いと思いますが、おりもの用ナプキンは生理用ナプキンとは違います。生理用ナプキンよりも薄く、小さく、全くつけている感じのしないナプキンです。

おりものの臭いの原因の多くは、分泌したおりものがショーツに付着し、その付着したおりものが乾いて臭いを発します。そのままのショーツで過ごすと臭いが気になってしまうのは当たり前なのです。

ですから、おりものが気になる時にはおりもの用ナプキンを使用し、汚れたなと感じたらマメに交換することで臭いの多くは取り除くことができます。

もともと良い香りのついたタイプのおりもの用ナプキンも市販されているので、そちらを使用されるのも良いかもしれません。おりものは蒸れてしまうことでより臭いを強くしてしまいます。

柿石鹸

臭いのもとから絶ちたいという時には、柿石鹸が効果てきめんです。柿石鹸は、一つで除菌、消臭を行い臭いの気になるデリケートゾーンや、加齢臭を取り除いてくれる作用があります。おりものの臭いが気になる時には、柿石鹸を使って陰部を洗い流すことで臭いのもとから経つことができます。

ですが、臭いが気になるからと強くこすりすぎたり、陰部の中まで洗ってしまうのはNGです。おりものは女性の身体を守るためのものなので、身体に必要な分泌液や菌まで洗うことは免疫をなくしてしまうことになります。優しくゆっくりと洗い、清潔感を保つように心がけましょう。